Cambly vs Nativecamp セール情報英語力0からの独り言上達法

【筋トレ】おすすめプロテインの選び方とレビュー【タンパク質】

スポンサーリンク
体験記

いつも英語の記事ばかり書いているのですが、仕事でちょっと英語に疲れてきたので笑、たまには趣味のことを書いてみることにしました。

私の趣味の1つが筋トレです。

日本では、ダイエット目的の人や腹筋を割りたい、といった人が多い印象です。

私は学生の頃から筋トレを継続しているので、もはや習慣になっています。

今ではエニタイムフィットネスのヘビーユーザーです。

部活をやっていた頃はとりあえず学校でもらっていたプロテインを飲み、大学生の頃はいかに脂肪を減らして細マッチョになるかだけを考えながら脂肪量の少ないプロテインを飲んでいました。

社会人になってからは一般的なトレーニングジムに通い始め、それは海外に行ってからも続けており、今では増量目的でプロテインを混ぜながら、1日に1〜2回飲むようにしています。

これまで結構な種類のプロテインを試してきており、それぞれ結果も出ているのでそこそこ説得力もあるんじゃないかなと思っています。

後述しますが、私個人的にはマイプロテインがおすすめです。

スポンサーリンク

痩せたいか太りたいかで変わる選び方

ぶっちゃけどのプロテインも、体感的にはほぼ変わりません。

それよりも筋トレの効率を上げて、よく食べて、よく寝る、という方が大事です。

じゃあ安く買えるプロテインにしよう、というのが私の結論で、今では頻繁にセールをしているマイプロテインに落ち着いています。

プロテインにはいくつか種類があるのですが、その選び方のコツは、筋力アップ(筋肉をつけたい)したいのか、増量(身体を大きくしたい)したいのか、減量(ダイエット)したいのか、目的に沿ったものを買うことです。

私はもともと腹筋を割るためにダイエットから始まり、その後に体力をつけるために筋トレ、今は身体を大きくするために脂肪も多少つけつつ増量をしていますが、その時々で飲むプロテインを変えてきました。

また、味はチョコレートかバニラあたりが無難だと思います。

初めは少量だけ買ってみて、気に入れば大容量の物を買う方が安く済みます。

それぞれリンクを貼って紹介していますが、購入される前に念のため味や量を確かめていただければと思います。

おすすめプロテインとレビュー

マイプロテイン

私がセブ島にいた時から飲んでいるのがマイプロテインというメーカーのプロテインです。

コスパが良いので、どれを飲んだら良いかわからない方はとりあえずこのシリーズで間違いないのかなと思います。

ちなみに、ホエイプロテインとは、吸収の早いプロテインのことで、一般的にプロテインと呼ばれるものは大体これを指すことが多いかと思います。

タンパク質を多く含むので、筋肉増加を助けます。

一方ウェイトゲイナーはタンパク質に炭水化物も含むので、体重増加につながります。

どうしても体重を増やして身体を大きくしたいという方はウェイトゲイナーがおすすめです。

筋肉をつけたい方用:Impact ホエイプロテイン

増量したい方:Impact ウェイトゲイナー 

ちなみに、マイプロテインにアカウントを登録すればAmazonよりもかなり安く買えます

注文時に下記コードを入れていただくと、更に500円安くなるので良かったら使ってください。

割引コード:NACK-R7

私は筋肉量を増やしつつ、食事であまり補えなかった炭水化物を摂りたい時に飲むためのもの、あと錠剤の亜鉛を買っちゃいました。

この量で8700円はめっちゃ安い!

他にもプロテインには種類がいくつかありますが、筋トレで体つきをよくしたいという趣味レベルの範囲なら、ホエイプロテインとウェイトゲイナー以外は手をつけなくて大丈夫だと思っています。

私もそういったマニアックなものを試したことがないので、わからないですが。笑

Gold Standard ホエイ(Optimum Nutrition)

お値段がやや張りますが、ジムのトレーナーや、プロテインに詳しい友人からすすめられました。

たんぱく質の量が多く脂肪分が少ないとのことで、海外でかなり評価が高いようです。

マイプロテインを飲む前はこれをよく買っていましたが、確かに筋肉量の増加を感じた気がします(味が美味しいからいっぱい飲めただけかもしれないですが。笑)

このOptimumかマイプロテイン以外のものは味も効果も微妙だった気がします。

質の良いプロテインを摂りたい方におすすめですが、やっぱりちょっと高いので私はマイプロテインに切り替えました。笑

ちなみにこのOptimumのプロテインにも増量用のSERIOUS MASSというものがありますが、私は試したことがありません。

MUSASHI(ムサシ)

これは日本で昔通っていたティップネスというジムですすめられたものです。

値段はお高めですが、プロテインではなくサプリなので、プロテインでおなかを壊しがちな人にはおすすめ。

当時ジムの中で試飲をして、すごく飲みやすかったので購入し始めました。

以前は体を絞りたいと考えていたのでHUANという赤い方をすすめられて飲み始め、それから筋力をつけたくなってからは黄色のKUANに切り替えました。

昔は付属の小スプーンを口に含んで水で流し込むタイプだったのが、今ではスティックタイプになっていてもっと飲みやすくなっているようです。

これはシェイカーが不要なのでかなり楽ですね。

ダイエットをされている方や、脂肪をつけずに細マッチョになりたいという方にはこちらが1番良いんじゃないかなと思います。

グリコ

昔部活をしていた頃から働き始めるまでは、ずっとこれを飲んでいました。

多分当時の先生が大量注文か何かをして安く仕入れてたんだと思います。

味は他のプロテインよりも1番好きです。

高校を卒業してからは割とアマゾンが一般的になって、実店舗と比べてネットで買うとかなり安く買えたのでしばらくこれを飲んでいました。

付属のシェイカーは長持ちしていて、今も使っています。笑

日本製なので品質も安心できる方が多いかと思います。

理想の身体作りのために

以上、私の愛用してきたプロテインを紹介してきました。

でもこれらを飲むだけでは結局あまり変わりません。

良いバッシュを買えばバスケが上手くなるかというとならないのと同じで、身体作りのためには、結局は正しいトレーニングをして、しっかり食べて休む、ということが1番大事です。

そのモチベーションとパフォーマンスアップの手助けをしてくれるためにプロテインを飲む、というくらいに考えるのが良いかと思います。

体験記
スポンサーリンク
Japuano.com

コメント