【4日間限定プロモ!】Camblyの45%offハロウィンコード配布中英語力0からの独り言上達法

【TOEIC900も狙える単語帳】金のフレーズの評価と使い方

スポンサーリンク
TOEIC
 

TOEICの単語帳ってどれがおすすめ?

 

と聞かれたら、「絶対に金のフレーズ(通称金フレ)がおすすめ!」と言っています。

私は金フレを使ってTOEIC800点、900点を取ることが出来ました。

 

 

本記事では、実際に金フレをTOEIC対策に使った私個人の評価と勉強法をシェアします。

※中古で古いものには発音記号がついていないので、金フレは必ず最新のものを購入してください。

 

スポンサーリンク

金のフレーズ2のアプリはどうか?

金フレのアプリってどう?

本の金フレよりも使いやすいのかな?

 

私個人の意見ですが、金フレのアプリはおすすめではないです。

TOEICの勉強に集中出来ない最大の要因、スマホを使うからです。

 

これはTOEICに限らずですが、

何かしら勉強をしているときにiPhoneに邪魔された経験はありませんか?

 

私はYouTubeやTwitterを開いたら最後、気が付いたら数十分消費しています…。

 

そういうわけで、私は金フレのアプリは使いませんでした。

スマホだけで完結すると言うのは一見便利に見えて、誘惑も多いんです。

※アプリではなく本の金フレを買っても、音声はスマホやPCで音声を聴けます
※音声は1度流してしまえば勉強モードが出来るので、邪魔がされにくいです

 

金フレと銀フレどっちをやるべき?レベルの違い

金のフレーズと銀のフレーズってどっちを買ったら良いかな?
内容は結構違うの?

 

金フレと銀フレはどっちもTOEIC用の単語帳だけど、レベルが違うだけだよ。今の自分に合った方を選ぼう。

 

私が金フレを使った上での体感としては、

 

・TOEICが500点以上あれば金フレ(TOEIC700~900点前後を目指す)
・TOEICが500点未満なら銀フレ(TOEIC650点前後を目指す)

 

が良いんじゃないかと思います。

ここからは実際の書籍の中身を見ながら金フレの使い方を紹介します。

あわせてどちらが合っているのかを確認してみてください。

金フレ・銀フレの使い方

 

金フレの終盤は難しい単語が多いです。

よって600点を目指す方にはオーバーワークだと言えます。

 


何周もして、何度も間違えていました。。

TOEIC高得点を目指す金フレの使い方

私は金フレの単語を全て覚えてTOEIC900点を超えられました。

その方法は至ってシンプルです。

 

わからないものにチェックマーク(✔︎)をつけて、何度も復習をする。

 

基本的にはこれだけです。

特に何度やっても覚えられない単語には絵を描いたりCD音声を聴いたり。

下記ページでも詳しく紹介しています。

 

関連記事:忘れた単語帳を思い出すための暗記法

 

 

銀フレは易しいとは言え、内容は高校レベルの単語も載っています。

だからこそ銀フレはTOEIC600点を狙える単語帳と言えます。

 

 

上記銀フレの画像の単語が半分以上わからない方は、より易しい単語帳をおすすめします。

下記Basic 2400という単語帳は、中学レベルから始められます。

 

 

これから英語の勉強を初める方には最適な1冊。

いきなりTOEICの単語帳から入るのは難しいからです。

 

 

まず中学英語の単語を覚えるところから始めて、銀フレや金フレに移行しましょう。

 

 

TOEICで600点レベルを取るためには、売れているTOEIC教材を買うよりも、まずは中学高校文法と単語から固めるのが近道です。

 

参考記事:TOEIC600点を最速に確実に狙う勉強法と参考書

金のフレーズ(金フレ)の評価と3つの特徴


古いバージョンの金フレには発音記号がないので注意

 

ここからは何故金フレがTOEIC対策の単語帳で人気なのかを見て行きます

個人的に、TOEIC700点以上を目指す方に金フレは必須だと思っています。

 

1. TOEICによく出る無駄のない例文


単語右の解説が本当に頭に残ります😆

 

金フレの例文は基本的に短く、しかも実際のTOEIC試験で出る順で掲載されています。
受験英語の単語帳でいうと、システム英単語に近いでしょうか。

 

つまり無駄な文章が削がれていて、かつ重要度順に並んでいます。

日本語→英語の表示になっているところもポイントです。

 

日→英じゃなくても良くない?
TOEICって全部記号でしょ?

 

少し難しいけど、個人的にはこの形で良かったかな。
これで覚えてしまえば逆に英語を見るとすぐに日本語が浮かぶよ!

 

2. Part1に頻出するリスニング単語集が便利

 

TOEICの単語=リーディングではありません。

金フレはもちろんリスニングの単語にも対応しています。

 

私はここのパートを何度も繰り返し音声でも聴いていたおかげか、リスニングは満点を取れました。

 

3. 持ち歩きやすいサイズなので、どこでも勉強できる


iPhone6と金フレのサイズを比較

 

金フレはコンパクトなサイズなので、どこでも勉強ができます。

冒頭で金フレアプリをおすすめしないと言ったのは、金フレ自体が持ち運びやすいからでもあります。
銀フレも同じサイズです!

 

 

本の場合は自由に書き込みも出来るので、意識的に、より頭に定着させる工夫も可能です。

 

英単語の意味が出てこない?忘れないように思い出すための覚え方
あ〜英語の単語ってどうしても全然覚えられないなぁ。 英単語をすぐに覚えるコツは何かない? 単語帳で覚えてもすぐに忘れちゃう…。 単語帳を何...

TOEIC対策の単語帳 金フレの評価まとめ

 

以上、金のフレーズの個人的評価レビューでした。

もしTOEICで700点以上を目指す方には絶対おすすめです!

 

 

私が960点を取ってわかったのは、TOEICは慣れと暗記の継続で高得点が取れる試験です。

 

実はそこまで試験の範囲も広くはないので、時間をかければ確実に600点、700点以上は取れます。

それでも難しいと言われるのは恐らく英語を勉強する環境や習慣がないからだと私は思います。

 

 

私はフィリピン留学をして集中的にTOEICを勉強しました。

でもやり方がわかって、習慣さえつければ日本国内の独学でも十分に伸びます。

 

 

コメント