【当ブログ限定プロモ】Camblyの割引コード配布中英語力0からの独り言上達法

【スピーキング】英会話をイメージする【瞬間英作文】

スポンサーリンク
英会話

先日、瞬間英作文についての記事を書きました。

日本語を英語に翻訳するだけのやり方はしばしばデメリットが指摘されると書きました。

本記事ではその方法をちょこっと工夫した、私なりのスピーキングの勉強法をシェアしていきます。

英語を勉強してきたけど、英文がなかなかパッと言葉が出てこない方向けです、

スポンサーリンク

はじめに:瞬間英作文を工夫する

答えを言ってしまうと、トリガーとなる日本語部分を、徐々にイメージに変えていくという方法です。

毎回日本語を強く意識しすぎると英会話のテンポが悪くなり、最悪相手とのミスコミュニケーションにもつながるので要注意です。

初めは直訳ばかりでも良いですが、徐々に日本語部分を減らしていくという考え方です。

この方法は以下の書籍たちからインスパイアを受けて、私なりにやっている方法です。

ちょこっとお見せするとこんな感じ。

どちらもスピーキング用の参考書として使いましたが、書かれている内容が実践的で、何より絵が可愛らしくて、イメージするにはピッタリです!

もちろん日本語もついているので大丈夫です。

慣れてきたら、そこの日本語を頭で絵を浮かべるようにイメージして、実際の英会話シーンを想像していくようにします。

瞬間英作文との違い、考え方

私はスピーキングの勉強をする際、まず初めは日本語で考え、徐々に英語だけで理解できるよう2つのステップで考えています。

基本的に、瞬間英作文は

1.日本語→英語

という順序で英作文を行います。

私は勉強をします → I study English.

だから英語を聞いた時も、

英語→日本語の解釈をしがちです。

※これが悪いという意味では全くありません

この段階での練習を、まずは瞬間英作文1冊だけで行います。

この学習法に、私はその日本語と英語の間にイメージをするという1ステップを挟みます。

2.日本語→イメージ→英語

日本語文をなるべく具体的にイメージし、それを英語で解釈するというやり方です。

私は勉強をします → イメージ → I study English.

イメージすることに慣れて、日本語部分をより英語的に考えるなら下記書籍がおすすめです。

この本はもらいもの 笑 で、かつある程度英語が出来るようになった段階で読み始めたため、あまり愛着がないのですが、英語のまま訳されている文章は素晴らしいと思います。

ここまでを練習して慣らしておくと、自分のわかる英語を聞いた時には

3.英語→イメージ→日本語

が出来るようになります。

ここで強調したいのは、もちろん知らない英語は聴いてもイメージ出来ないということです。笑

だから、スピーキングを勉強する際、単語はあればあるほど有利です。

こうすることで、英語を聞いた時にイメージが浮かびあがり、またそこから日本語での理解も出来ます。

この繰り返しの結果、

英語⇆イメージ

だけで理解ができるようになります。

段々日本語を介さなくなるので、テンポ良く英会話も出来るようになってきます。

いわゆる英語脳と呼ばれる段階がこの辺りだと思います。

最終的にはイメージをしなくとも、英語だけで理解できるレベルに到達するのが理想ではあります。

そのためにはオンライン英会話などを併用し、実際に使っていく必要がありますが、詳しくは次の記事で書いていきます。

イメージで解釈するメリット

テンポ良くコミュニケーションが取れるということは、つまり素早く正しく、かつ正確に理解が出来るということです。

同時通訳を目指していない限り、かなり日本語的な解釈をするよりも、英語を聞いて英語だけで理解できれば問題ないはずです。

でもそれに慣れるには時間がかかります。

言語というカテゴリでは同じでも、英語と日本語は根本的にかなり違う言語と言われているからです。

だから簡単そうな文章であっても、文法がわからなければ本当に意味が理解できません。

英語上級者の方がよく、

英英辞書を使え!
英字新聞を読みまくれ!
海外ドラマを字幕なしで見ろ!

と生の英語に触れることをおすすめする理由もわかりますが、初めの内からこんなハイレベルなことをしていても非効率なのでおすすめできません。

まずは文法と、中学レベルの英会話の練習から始めましょう。

これらを使った学習法については別途記事を書いています。

デメリットはある?

英語をかなり意識して運用していると、たまに、あの英語、日本語で何て言うんだっけ?って現象が起きることがあります。

言い過ぎると海外かぶれでウザがられますが 笑、日本語を介さないで英語を使っていると、たまにこれはあります。

また、日本語でもよく意味のわからない英単語などはイメージのしようがないので、解釈にちょっと時間がかかります。

そうした時には日本語をまずわかりやすいものに変換する作業が必要だったりします。

今回はイメージイメージと文字ばかりになってしまったので、次回の記事ではそのイメージってど何?ということをシェアしていきたいと思います↓

コメント