Cambly vs Nativecamp セール情報英語力0からの独り言上達法

フィリピン・セブ島のカラオケやモールでよく聴いた音楽15選

スポンサーリンク
セブ島

 

日本に帰ってきて、フィリピンの音楽を聴くことが増えたなぁ。。

 

セブ島に住んでいた時は勝手に色んな音楽が流れてきていました。

だから意識してフィリピンソングを聴いたことがありませんでした。

 

でも最近ではフィリピンが恋しくてYouTubeで曲を探すことがあります。

恋し過ぎて、2月に往復8万かけて旅行することにしました。高い、、、

 

 

この記事では、フィリピンで何度か聴いたことがあり、なんか耳に残っている曲を集めてました。

スポンサーリンク

フィリピン・セブ島でカラオケ、路上、モールで聴いた音楽

フィリピンの歌はタガログ語がメイン

紹介する曲は初めの3曲を除けば基本的にフィリピン現地のタガログ語で歌われています。

私は意味を理解できませんが、思い出補正で結構聴き入ってしまいます。

 

「じゃあそんなの興味ないや」と思われる方も残念ながらいるかもしれませんが、フィリピン留学に行かれる方は多少知っていると現地で楽しめるかもしれません。

 

あるいは、オンライン英会話でフィリピン人の方と話すことのある方は話題の一つになるかもしれません。

1. Tell Me Where It Hurts by MYMP

 

結構聴き取りやすい英語の曲。

MYMPというアーティストが原曲をカバーして歌っているようです。

JYモール近くのアリスガーデンでよくかかっていたので、セブ島にいる日本人は結構知っている曲かもしれません。

 

2. Forevermore by Side A Band

 

これは色んな人がカラオケで歌っていて、何度か聴いたことがあります。

一般家庭のカラオケからも結構聞こえてきたような気がします。

フィリピンでは定番のラブソングのようです。

3. The Past Jed Madela

 

こちらも英語で歌われているフィリピンの曲。

友達がカラオケで歌っていて知りました。

今は亡きAnzaniでもかかっていました。

ゆっくりなので聴きやすく、わかりやすいです。

4. Tadhana  – Up Dharma Down

 

この曲は他の記事でも何度か紹介しているのですが、カラオケで友人が毎回歌っていたので再度載せました。

よく見ればどっちがタイトルでどっちがアーティストなのかもわかりません。笑

Tadhana は「運命」という意味らしいです。

 

【フィリピン人】外国人の友達恋人とYouTube動画を見よう
海外の人と一緒に見て楽しめるYouTubeの動画って何かないかな? 私がセブ島に住んでいた時やワーホリをしていた時に、海外の人たちと一緒に見て楽しめる...

5. Dahil Sa’yo by Inigo Pascual

 

JYモールのジムやタクシーの中のラジオでよく流れていた曲。

同じくどっちが曲名でどっちがアーティストなのかもわかりません。

でもなんかこのリズムがフィリピンを思い出す一曲です。

 


上記ツイートの動画はアヤラモール近くのエニタイムですが、こんな感じでみんな自由です。笑

客がみんな筋トレしてるすぐ隣で飲み食いして自撮りしてる従業員。。。

6. Kathang Isip by Ben&Ben

 

比較的新しいフィリピンのラブソング。

タイトルは「想像、思い出」みたいな意味です。

私が日本へ帰国した時に教えてもらった曲で、歌詞を調べると色々と思い出しちゃいました。

数ヶ月これを聴きながら病んでいました。。

 

韓国人アーティストがカバーしたよ、みたいな報告もセブ島からきました。笑

7. MOIRA DELA TORRE by MALAYA

 

こちらはフィリピンの失恋バラードソング。

レストランでこの曲が流れると店員も客も結構みんな歌ったりしていました。

最近フィリピン人の同僚がこの鼻歌を歌っていたので「I know the song!」というと「Oie don’t listen!」と言われました。笑

 

8. Haypa by MMJ

 

同僚と言えば、セブ島のオフィスで働いていた時のサマーパーティでこれをフィリピン人たちが踊っていました。

歌詞はsige sige しか聴き取れません。

 

フィリピンではイベントが何より大事なので、仕事中もいきなりこのダンス(フィリピンではズンバと呼ばれる種類のもの)を練習すると言い、作業を中断してまで数時間別の部屋で騒いでいました。笑

 


ズンバは色んなところで出来ますが、語学学校のアクティビティやBTCのZINKというところで何度か体験したことがあります。

9. Allmo$t by Dalaga

 

同じ時期にこの曲も結構流行ってました。

バンタヤン、マニラ、ボラカイ、どこに行っても流れていた気がします。

これが流行った理由を聞くと、以下のフィリピン人YouTuberがよく使っていたからだとか。

タガログがわからないので色々と本当に理解できませんが。。

 

 

かなり人気のYouTuberらしく、vlogもしているそうです。

vlogってブイログって読むなら、vloggerはブイロガーって読むんだろうか。。

 


これを見たら下記フィリピンのテレビ番組を思い出しました。

日本でいう笑っていいとも的なあれで、ほとんどのフィリピン人がほぼ毎日見てるんじゃないだろうかと思うくらいです。

同僚も「仕事中に」毎日見ていました。

 

 

日本人が金をサポートしてくれてどうみたいな話題らしい。

せめて英語訳があれば理解できるんだけど。。

10. Tala by Sarah Geronimo

 

日本と言えば、このSarahというアーティストが日本にきてNHKで歌っていました。

最近また何故か流行ってきていて、読みの似ているルソン南部のタール(Taal)という火山が噴火した、みたいなジョークがFacebookやTwitterで流れてきました。

 

 

「マニラは危険ではなかったけど火山灰が落ちてきて大変だった」と同僚が言っていましたが、割と呑気に過ごしていた人もいたようです(とりあえずみんな無事でよかった)。

11. Itsumo By Dice & K9

 

「Itsumo」という名前の曲。日本語の「いつも」です。

Always…とフィリピン人に言うと「Itsumo~」と何故か知っていたので何でか聞いてみたら、この曲で知ったそうです。

日本の曲がカバーされていることもあり、日本語を特に勉強していないフィリピン人が何か簡単な日本語を知ってることがあります。

 


でも海外の方に「すご〜い」っていうとこの動画みたいに思われる可能性があるので注意が必要です。。

12. No Apology by Karencitta

 

Karencittaと言えばCebuanaみたいなイメージがありますが、ITパークのエニタイムフィットネスではこっちがほぼ毎日かかっていたので頭に残っています。

自分の中ではエニタイムITパークのテーマソングです。

 

13. Buti Nalang May 7-Eleven

 

この曲よく流れてるよなあと思ってたら、セブンイレブンのテーマソングだったようです。

今となってはあのフィリピン独特の匂いがするセブイレすら懐かしい。。。

 

14. JOLLIBEE SONG

 

あの国民的キャラクター「ジョリビー」の音楽です。

タイトルに2019とありますが、もっと前からあったような。。

フィリピン人の友達の子供の誕生日の時なんかにはよくジョリビーでパーティをするのですが、そこで流れていました。

 

下記ツイートのジョリビーのDVDでも同じ映像がありました。

 

15. Otso Otso

 

こちらも同じくジョリビーで、友人の子供の誕生日会で流れていました。

セブ島のオフィスでお昼過ぎにエクササイズの時間があったのですが、そこでも何度か使われていました。

おちょおちょ。。笑

 

 

以上、フィリピンで聴いた音楽集でした。

 

タガログで何を言っているかわからなくても、音(楽)はその時の状況が思い浮かんでくる私にとっては大事な思い出です。

 

 

来月のセブ島旅行がますます楽しみになってきました。

 

 

 

セブ島
スポンサーリンク
Japuano.com

コメント