【当ブログ限定プロモ】Camblyの割引コード配布中英語力0からの独り言上達法

TOEICに申し込みできない?次回先着順で有利に申し込む方法

スポンサーリンク
TOEIC

9月のTOEICに申し込みできなかった方が、次回の10月テスト申し込みに向けた対策記事となっています。

 

9月のTOEICの申し込みは完全先着順となってしまいました。私も気が付いた時にはサイトにアクセスできず、申し込みができない状態に…。

 

そこで次回10月のTOEIC申し込み方法の考察をしてみました。

(書き終わった後に自分が10月は受けられないことに気付く)

スポンサーリンク

次回TOEIC10月4日の申し込み期間はいつから?何時から?

プライ内容が切実…)

 

次の10月4日にあるTOEICの申し込み期間は、8月7日(金)12:00正午 ~ 8月11日(火)15:00まで。

10月2日のTOEIC申し込みは完全抽選制となりました。

申し込みの順番は関係ないようですが、期限内に完了させないと抽選に応募できないようです。

 

10月2日の次は10月25日。こちらは再度先着順となる可能性があります。その際には、前回の先着順の時の情報が少しは役に立つかもしれません。

10月25日以降のTOEICの先着申し込みをする方法

 

9月の先着TOEICに申し込めた人、申し込みができなかった人のツイートを見て行きます。

次のTOEICこそは絶対申し込みたい!と思っている方へ、少しでも有益な情報になれば幸いです。

 

朝の10時からTOEIC申し込みの用意をしておく

 

次のTOEICに申し込める確率が最も上がる方法は何でしょうか?

これは申し込み期間開始の10時からサイトへアクセスすることです。

私が見た限り、上記ツイートの方の10時15分が最速だったようです。

 

 

午前11時前半の時点ではまだ全会場が空いていたようです。

恐らくサーバーがダウンしていたか、かなり重くなっていたからだと思われます。

 

 

時間が経つにつれて、人気の東京会場は埋まっていったようです。

 

 

お昼の12時過ぎでもTOEIC申し込みができた人もいるようです。

しかし東京は埋まっていたみたいです。関東は大変ですね。。

 

 

奈良のTOEIC会場はお昼過ぎでも空いていたようです。

大阪の人は最悪奈良もあり…?

 

 

中には3時間かけてTOEICの申し込みができたという方もいらっしゃいました。

 

 

首都圏でない方は夜でもTOEICの申し込みができたようです。

 

 

・TOEICの申し込み期間は10時開始!
・首都圏に住んでいる方は10時から申し込みするべき!

 

複数の端末でTOEICサイトへ1時間以上アクセスを試みる

 

速いネット回線があれば、もちろんTOEICの申し込みもできるかもしれません。

 

 

…が、TOEICのためにPCを買い換えることは現実的ではありません。

できれば無線よりも有線でインターネットにつなげた方が良いのでしょうか。

 

他にできそうなことの1つにTOEIC申し込みのできる端末を増やすことがあります。

 

つまり複数のパソコン、スマホ、タブレットから申し込む方法です。

 

どう考えてもパソコンからの方が有利でしょ。

他の端末で試す意味ある?1時間も…?

 

TwitterのTOEICツイートを覗いていると、複数端末で1時間以上粘ることで申し込みができた人が結構いたようです。

 

 

この方はパソコンとスマホ両方でTOEICサイトにアクセスして申し込めたようです。

 

 

この方はスマホのみでTOEIC申し込みができたようです。

 

 

こちらの方はパソコンがダメで、でもスマホでTOEIC申し込みができたみたいです。

 

 

パソコンとiPhoneを使って1時間…これでTOEIC申し込みができるならラッキー?

 

 

スマホでダメでも、タブレットならTOEIC申し込みができたという方法も見つかりました。

 

 

やはりTOEICの申し込みには1時間ほど粘る人が一定数いることがわかりました。

ここを勝ち抜く(?)には、1時間は粘った方が良さそうに考えられます。。

 

 

・複数の端末(パソコン・スマホ・タブレット)で試す
・1時間はTOEIC申し込み画面に粘ってアクセスしてみる

TOEIC申し込みの支払い方法には注意

 

TOEIC申し込みの支払い方法はほとんどの方がクレジットカードを選ばれると思います。

でもサーバーダウンのせいか、エラーになって正しく表示されない場合があるようです。

 

 

TOEICの申し込みはできたのに、決済ができなかったという状況は不安ですね。。

ですが、どうやらコンビニ支払いでTOEICを申し込む方法があるようです。

 

 

コンビニ支払いはLCCフライトの安売りセールの時に私もよくやっていました。

クレカの入力って地味に時間がかかるんですよね。

でもコンビニは近くにあるので、1度申し込みさえしてしまえばこちらの方が確実だと思います。

 

TOEIC申し込みがしやすくなる?サイトアクセス方法

 

こちらのツイートのTOEIC申し込み方法はかなり有益そうに思えます。

TOEICスクエアからアクセスすると繋がりやすいのかもしれません。

 

また、この方もコンビニ支払いでTOEICの申し込みができたようです。

 

 

実際に他にもTOEICスクエア経由から申込めた人もいるようです。

もしTOEICの公式申し込みサイトに繋がりにくいなら、試してみる価値はありそうです。

 

TOEICに申し込みできなかった人の次回対策まとめ

 

9月TOEICに申し込みができなかった人は、今回の試験の様子を見てから受けられます。

TOEIC会場で起こりうることを想定して、コロナ対策はバッチリしていきましょう。

 

英検は会場がかなり混み合っていたんだとか…。

 

 

TOEICはこんなことになりませんように…😇

では本記事の内容をまとめます。

 

 

首都圏でTOEIC受験をする人は朝10時から申し込みをする
複数の端末(パソコン・スマホ・タブレットなど)を使う
公式サイトがダメならTOEICスクエアでも試してみる

 

以上、先着順のTOEIC申し込みをより確実にする方法でした。

 

TOEIC試験まではしばらく期間があるので、それまでにできるだけの対策をしておきましょう。

 

関連記事:TOEIC900突破に必要な参考書はこの5冊

関連記事:TOEIC700〜900のリーディングの時間配分

関連記事:TOEIC600点を最速で取るための勉強法

関連記事:TOEIC600〜900まで対応のPart5参考書

 

 

 

TOEIC
スポンサーリンク
Japuano.com

コメント