【4日間限定プロモ!】Camblyの45%offハロウィンコード配布中英語力0からの独り言上達法

TOEICは就活や転職に意味がない?内定を取ってわかったこと

スポンサーリンク
TOEIC

 

TOEICを取っても就活や転職に意味ないの?

そう聞かれることがあるので、本記事で回答します。

私はコロナ禍の真っ最中に転職活動をし、2021年入社の内定をもらうことができました。

(内定を承諾はしませんでした。理由は別記事にしたいと思っています。)  

 

 

このコロナ禍でも転職が成功した1つの原因として、転職エージェントにTOEIC・英語力が必要とされる求人を探してもらったことにあります。

 

 

ここからは、エージェントを使いながら転職活動をしていて、TOEICの有無で就活・転職にどんな影響があったのかをご紹介します。
スポンサーリンク

TOEICは就活や転職に意味がないことはない

TOEICで就活や転職に意味がない?  

 

「TOEICがあるだけじゃ就活や転職に意味はない」 ー 色んなところでそう聞きます。

私個人としては「意味がない、ことはない」程度に考えています。

しかしTOEICスコアがあれば、職種によっては書類選考と面接では確実に優遇されます。

 

↓こちらのエージェントは履歴書・職務経歴書の添削や面接対策が丁寧でした。

(主に転職)TOEICスコアがないと求人に応募できない

TOEICは就活に意味がある  

 

そもそも応募したい求人の応募資格になっていたらどうでしょうか?

→TOEICスコアがなければ転職の採用試験を受けることができなくなります。

求人内の必要業務経験欄に「TOEIC(R)テスト600点以上」とあれば、書類選考の段階でほぼ落とされる可能性が高いです。  

 

TOEICは新卒なら600点、転職なら700点から評価されると言われることが多いです。

 

転職活動の経験談①「TOEICは大手ほど有効?」
私はTOEICが960点あり、ほぼ書類落ちはしませんでした。が、TOEICスコアが不要な日系の中小企業は唯一書類落ちしてしまいました。。

TOEICがあれば就活・転職面接で客観的に英語力の証明ができる

TOEICは転職に意味がある  

就活や転職の面接でTOEICスコアが評価されることがあります。

資格として英語力の客観的な証明ができるからです。  

 

TOEICはスピーキングがないから英語力の正しい測定には使えないよ。

 

というクソリプ意見が飛んできそうですが、英語を専門的に使う職種や外資系企業でなければ英会話力はさほど必要ないと考えられています。  

 

日系ではむしろ英語の読み書きができる能力が求めらると感じました。そもそも日本人で英語面接ができる人も多くないんでしょう。。

 

つまりTOEICで対応できる能力だというわけです。

留学経験のない担当者も多いので、残念ながらTOEFLやIELTSが通用しないこともあります。

 

転職活動の経験談②「面接では自分からTOEICをアピールしない」
私は自らTOEICスコアをアピールすることはしないようにしています。TOEICはあくまで勉強で得られた結果なので、本来主張したいところは別にあります。英語を使って何がしたいのか・できたのか、何故英語を勉強したのか、相手から聞かれたら答えるスタンスで面接に臨みました(ただし新卒で頑張ったことのアピール、翻訳などに従事される方は必要に応じてアピールしてOKだと思います)。
 
↓TOEICを活かした転職をするなら、圧倒的に求人数の多いリクルートエージェントがおすすめです。
 

(就活・転職共通)TOEICスコアだけで内定はもらえない

TOEICスコアは就活転職に意味ある?ない?  

 

TOEICスコアがあれば書類選考で優遇されて、面接でも英語力を証明できる…

と、これだけTOEICを褒めておきながらも、TOEICが直接内定につながることはありません。

結局は企業が求める能力があると評価されることで内定がもらえるからです。  

 

これがTOEICは就職活動や転職に意味がないことはない、と言っている理由です。

 

転職活動の経験談③「就活・転職のためにTOEICを受けるのは意味がある?」
結論、私は長期的に見れば就職・転職のためだけにTOEICを勉強するのもアリだと思います。先の通り、応募ができる、面接で評価されるという理由から、入社前から事前にTOEICスコアを取ってしまうことを推しています。TOEICだけで内定をもらえるとは限りませんが、持っていて損をすることはありません。「入社後に取ります!」より「もう持ってます!」の方が明らかに評価されます。

TOEICは就活や転職に意味がある?まとめ

TOEICは就活・転職面接に意味がある  

 

以上、TOEICが就活や転職に意味がなくはないという経験談でした。 本記事の内容をまとめます。  

 

TOEICが就活や転職にあたえる影響
1.TOEICスコアが必要な求人に応募ができる
2.客観的な英語力の証明ができる(会話力が不要な場合あり)
3.TOEICが直接内定につながるとは限らない

 

働きたい企業でTOEICスコアが求められているなら、ビジネス英会話よりもまずはそのTOEICスコアを最短距離でクリアしましょう。  

 

↓TOEICを持っていれば、転職サイトに登録しておくだけでスカウト求人が届きます。

 

いやいや、そんなこと言っても会話は大事でしょ! 仕事で必要なら英語喋れないと意味ないじゃん。

 

確かにビジネスでの英会話は大事です。でも英会話は仕事が決まってから慣れていけば大丈夫!

(※英語面接があるなら、英語の面接対策はすぐにするべきです)

 

TOEIC900点が応募に必要な求人はほとんどないので、無理してまで取る必要はありません。

私はどうしても取りたいという気持ちが強かったので、800から900に上げる時は1か月ほどかなり勉強しました。

 

関連記事:TOEICを800点から900点にあげたときの勉強法

 

コメント